ホームホワイトニングしてから3年が経つけどいまだに白いので知ってほしい【コスパ最強】

BrighterWhiteのアイキャッチ

僕は3年前に集中的にホームホワイトニングをしていた時期があり、名の知れたクリニックなどに通うよりもかなりコスパが良かったです。

今回はその時の経験もふまえて、ホワイトニングについて紹介します。

「ホームホワイトニングをしたいけど、値段が高いし時間がない」
「ホームホワイトニングのジェルに安いものもあるけど、口コミがないし胡散臭い」

こういった方向けに記事を書いています。

ホームホワイトニングが高いのは日本だけ

日本ではホームホワイトニング=高いというイメージがあるのではないでしょうか?

一方海外ではホームホワイトニングは比較的安く済みます。

大きな違いは、「ドラッグストアでホームホワイトニングキットが買えない」という点です。

日本のドラッグストアでもホワイトニング歯磨き粉などありますが、あれはホワイトニングで用いるジェルとは大きく異なります。

違いは成分です。

日本の薬局で扱われているホワイトニンググッズには「過酸化水素」や「過酸化尿素」といった歯の漂白効果がある成分が含まれていません。

これらは日本の薬事法で市販薬に含めることが禁止されているためです。

そのため、日本でホームホワイトニングをするとなると歯医者さんで処方してもらうしか選択肢がありません。

海外では禁止されていないため、過酸化水素等が含まれるホワイトニングジェルをドラッグストアで販売されています。

日本よりも消費者側に選択する余地が多いため、メーカーが価格で競争し、結果安く購入できるという訳です。

僕が使ったBrighterWhiteというオーストラリアのメーカーは、マウスピースと3ヶ月分のホワイトニング剤でお値段は6,000円しませんでした。

このメーカーのホワイトニングジェルの成分には「過酸化尿素*」が含まれています。

*過酸化尿素・・・過酸化水素よりも濃度が低く、ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)で主に採用されている。

またホワイトエッセンスという日本のメーカーでは、マウスピースの作成+1週間のキットでお値段が15,000円です。

ホームホワイトニングは歯を溶かすのではなく、歯の色素を漂白するもの

画像引用元:栗林歯科医院コラム

「ホワイトニング=歯の表面を溶かす」ことだと認識している方もいると思います。

僕もそう思っていましたが、実際には歯の表面を覆うエナメル質に沈着した色素を、過酸化尿素によって漂白することで歯を白くしています。

なので溶かすわけではないのです。

逆に言うと、ホワイトニングジェルの成分に過酸化尿素が含まれていない物は漂白がされません。

またホワイトニングを一度してからどれくらい間隔を開けたら良いのか?と疑問をもたれている方もいるかと思います。

これは結論「黄ばんできたな」と目視して気になる様になったらで問題ないです。

洋服も毎日は漂白せず、気になった時にガッツリ漂白するのではないでしょうか?

また詳しいメカニズムはコチラの歯医者さんのコラムがとてもわかりやすいので、気になる方は読んでみてください。

浦安市高洲の歯医者、歯科の栗林歯科医院

ホームホワイトニングのマウスピースは自作でOK

大半のホワイトニング処方をしている歯医者では、初回の施術でマウスピースのオーダーメイド作成もしてくれます。

人によって歯並びは違うので、自分の形に合わせるのは良いことだと思います。

ただ経験則で語ると、正直多少のズレは気にしなくても大丈夫です。

僕が使ったBrighterWhiteも、付いてくるマウスピースをお湯でふやかしたものを歯に当てて型を取りました。

それでも十分機能したので、要はホワイトニングジェルがしっかり歯の表面をコーティングすることが大事です。

ちなみにホワイトエッセンスではジェルだけ購入することも出来るようです。

であればマウスピースはアマゾン等で買って、ジェルをホワイトエッセンスを取り扱っている歯医者さんで購入するという選択もできます。

海外製のホワイトニングジェルに抵抗がある方はホワイトエッセンスで買うことをお勧めします。

BrighterWhiteでホームホワイトニングをした効果を公開

「ほんとにポコは白いの?」と思われる方のために少しだけ公開します。

ホワイトニングをする前の僕の写真と後と現在の僕の写真を載せておきました。

僕がホワイトニングを始めて使ったのは4年前です。

その際は毎日就寝時に付け、1週間連続で使用して白くなりました。

(公式サイトの記述によると、本来は一回30~60分を6,7回やれば十分白くなるそうです)

一度漂白されると半年くらいは白さが保てます。

僕は毎日コーヒーを飲みますが、それでも半年はずっと白いままです。

それ以降は「黄ばんで来たかな」と思うタイミングでホワイトニングをする様にしています。

これを書いている時は最後にホワイトニングを使ってから半年経っています。

わかりづらいですが、以下歯を出してる僕を醸します。

左が2014年2月のホワイトニングをする前、真ん中は2014年3月のホワイトニングをした後、右は2019年11月の時点の写真です。

ホームホワイトニングをする際の注意点:長くても付けるのは1時間にしておく

とはいえ多くの人が経験した事がないことをするのは少し不安だと思うので、経験した上でひとつだけ注意点を紹介しておきます。

僕は早く効果を受けたかったので寝ている間付けっぱなしでしたが、本来は「30〜60分で」と記載があります。

長時間付けていると、マウスピースの端が歯茎に当たっている状態が続くため、翌朝歯茎が知覚過敏のようになります。

知覚過敏ほど痛みはないですが、人によっては水などがしみると感じるかもしれません。

僕の場合は1日休ませれば翌日には症状が消えていましたが、経験談ですので全ての人がそうとは限りません。

公式サイトには「痛みはないです」と記載があるので、ちゃんと時間を守れば僕のようになることは無いでしょう。

万が一なってしまった場合でも、緩和剤が含まれているためそちらをホワイトニング後に使うことで症状が早く回復します。

オーダーメイドのマウスピースだと、歯の部分だけを綺麗にカバーすることが出来るのでそもそも歯茎にマウスピースが当たりません。

実際、このホワイトニングを僕が勧めた後輩くんはオーダーメイドのマウスピースを作っていたので、歯茎は大丈夫か聞いたら「全く」と回答が返ってきました。

そういった点ではオーダーメイドのマスターピースを作るのはメリットがあるなと彼の話から思いました。

いずれにせよ、1時間を1週間だけで効果が出るのであれば、時間を守って使えば回避できると思います。

ホームホワイトニングは効果も値段もおすすめ

ホワイトニングをして良かったなと感じることは、周囲の人から「歯が白くて良いね」と羨ましがられることです。

明らかに白くなるので、10人中9人には言われます。

そうなると自然と自分の歯に自信が持てるようになります。

自信が付くと写真撮影の時にも自信を持って笑顔を作れるようになります。

自分の人生を豊かにする上でのコスパの良い投資になるので非常におすすめです。

歯を出して笑おう。

BrighterWhiteの公式サイト↓
https://brighterwhite.com/

BrighterWhiteは日本語ページがないため、英語NGな方はホワイトエッセンスのサイトから導入している歯医者さんを全国から検索できます。

そこで家から近い歯医者に行くのが入手方法になります。

White Essense取扱店の検索ページ↓
https://www.whiteessence.com/clinic/?route_type=S2

ではまた。


良く読まれている記事