不動産投資のJPリターンズの自社セミナーと個人面談を受けてきました

jpreturns_top

先日、JPリターンズという東京駅から徒歩5分のビルに入っている不動産投資の会社の個別相談に行ってきました。

今までGA Technologiesや個人投資家の方の合同セミナーに参加したことはありましたが、JPリターンズは控え目に言ってもかなりサポートが手厚いと感じました。

僕はすでに一件物件を所有しておりますが、買ったことを後悔しそうになるくらいサポートが良いなと思いました。

どういったポイントが手厚いのか、なんで手厚いのかという話をレポートとして書こうと思います。

「不動産投資についてそこそこ勉強はしたけど、リスクを考えるとどうしても踏ん切りがつかない」
「仕事が多忙で、不動産を買ったとしても管理する余裕が持てなそう。。」
「不動産会社の説明って、どこも同じで何が違うのがわからない。。」

こんなお悩みを持った方に是非読んでいただきたいです。

JPリターンズは空室保証がある

jpreturns_guarantee

これは、単にあなたが購入した物件を、JPリターンズが借り上げてくれるためです。

通常ですと、購入した物件に対してSUMOやホームズ、地元の不動産会社に募集枠を掲載させてその経由で入居者を募ります。

一方でJPリターンズ経由で購入した物件は、JPリターンズが借り上げてくれます。

僕が大家でJPリターンズが借手という関係になります。

「JPリターンズが入居者入れられないと家賃は受け取れないの?」と思われる方もいるかと思います。

この答えは「いいえ、受け取れます。」になります。

物件はJPリターンズが借りているので、その物件に人がいようがいなかろうがJPリターンズがあなたに家賃を支払ってくれます。

「そんなことでJPリターンズは大丈夫なの?会社自体潰れない?」と思われる方もいるのではないでしょうか?(僕も思いました)

説明会の際にも教えていただいたのですが、JPリターンズで管理している物件に対する入居率は99.4%で、家賃遅延率は0%とのことです。

このことは公式サイトにも記載があります。

JPリターンズで物件を購入することで、空室リスクの心配は希有になりそうです。これは精神面の安定にとても良いなと思います。

JPリターンズは借り上げた物件の管理代行をしてくれる

jpreturns_acting

JPリターンズは、管理代行もしてくれます。先に述べたように入居者募集はもちろんのこと、入居してから退出するまで包括的にサポートを受けられます。

  • 入居者募集
  • クレーム処理
  • リフォームの手配〜施工
  • 立ち合い
  • 敷金精算
  • 退去/更新手続き
  • 原状回復費は無料

一番最後の原状回復は、前の入居者が退去してから次の入居者が来る間に、前の人が破損したり汚した部分を修繕することです。

壁の汚れやドアのキズなど、次の入居者を付けるために直すべき箇所は必ず発生するけど費用の予測がしづらくて大家の不安な点になりやすいです。

JPリターンズはここを無料で引き受けてくれます。

代理大家として物件の管理を行ってくれるわけです。

物件は買ってから実際に賃貸に出してからの管理が一番大変なところだと思います。

社会人が楽になる方法として副業として不動産投資をするのはよく挙げられますが、運用で心身ともに疲弊して本業や私生活に支障をきたすのは本末転倒です。

それらを全部引き受けてくれるというのは、将来的に自分でやらなくてはいけない僕からしたらかなり魅力的なサポートだなと感じました。

JPリターンズは確定申告も代行してくれる

不動産投資で得た収入は確定申告をする必要があります。

会社勤めであれば会社がしてくれる確定申告ですが、自分でするのは結構骨の折れる作業だそうです。

JPリターンズではこれらもサポート対象に含めています。

社会人で本業もしながら不動産投資をするといった方の場合、面倒な手続きをサポートしてもらえるのはかなりありがたいです。

このサポートの対象は別に不動産の収益のみならず、ふるさと納税(大抵は不要ですが)や、そのほかの収入に伴う申請のサポートもしてくれるということでした。

こういった事務的な作業に対するサポートを受けられるのもJPリターンズのグッドポイントです。

JPリターンズのサポートはなぜここまで良いのか

jpreturns_area

一通り話を聞いた上で、個人的に「どうしてここまでサポートが手厚く出来るのですか?」と疑問だったので、聞いてみました。

曰くJPリターンズは営業にかかるコストが圧倒的に他社より低いそうです。

JPリターンズでは新規契約の7割以上が「契約者からの紹介」で、残り3割はセミナーやネットが元で成り立っているとのこと。

JPリターンズで契約した方が、知人にJPリターンズを紹介してそれをきっかけに知人も不動産を買うパターンが多いため、外での営業に力を入れなくても良いそうです。

お仕事をしている方がクライアントの大半で、面談も大半は午後になるため、ゆっくり出社して営業に集中するのだとか。

不動産営業と聞くと「ギラギラ」「執念深い」という印象を受けますが、JPリターンズの方はとても落ち着きのある印象を受けました。

年商も155億と大きいですが、営業は創業当時から10名以下で抑えているとのことです。

転職採用のみで、少数精鋭の営業というところでしょうか。かなりコスパのいい営業しているなとそっちで感動しました。

ちなみに紹介した人も紹介特典で結構な額もらえるらしく、それだけで会社の給料超えている強者もいるのだとか。

不動産投資はかなり大きな決断になりうることもあり、近い人に紹介するのは紹介者側もよっぽどメリットを感じてなければしないでしょう。

紹介で7割成り立っているというのは、それだけJPリターンズを薦められるという信頼を得ているからこそだと思います。

創業は2001年と17年も前ですが、現在は営業は10名もおらず、こういった個別の相談や、契約者のサポートに注力するようにしているということでした。

「契約後のサポートが手厚い→契約した人がサポートに満足している→知人に紹介しやすい」という健全なサイクルが成り立っているんだなあと、話を聞いていて思いました。

不動産会社はビジネスモデルの良し悪しでサービス内容や提供する物件が大きく変わるので、一度セミナー等でしっかり聞いておくと納得感が高まると思います。

JPリターンズはこれから不動産投資をする人、2件目を買おうとしている方にお勧め

話の合間に挟んでいますが、僕は最近オープンハウスで東京に家を持ちました。

東京の全物件の3%しかないと言われる山手線の内側にある1LDKで、結婚して家庭持ち始めるのを目処に賃貸として出そうと思っています。

45歳になる段階で不労所得が毎月12万円程度入ってくる想定です。

結構良いと思いますが、それでもそれを成立させるために僕は自分の物件の管理をしていくことが必要になります。

確定申告も自分でやる必要があると考えると、やった事ないのでまあまあ不安です。

先にもチョロっと言いましたが、正直買うのは簡単ですけど、そこから運用していくのが思っていた以上に大変になりそうだと考えています。

多くの社会人の方は8時間以上平日は働いて、その他の時間を割いて副業やらプライベートの充実やらをする必要があります。

ですので、購入後のサポートが手厚いというのは社会人で不動産投資を検討している人にはとても有難いだろうと思いました。

JPリターンズの話を聞いて「うわ、これめちゃええやん、、」と若干不動産を買ったことに若干後悔するくらいです。

実際にセミナーと個別相談を受けた上で僕が個人的に「良いな」と感じた点をピックアップしましたが、一度実際にセミナーで話を聞いてみることをお勧めします。

より具体的に不動産投資の成立までのイメージが湧くようになるので、不動産投資に関心がある方であれば是非一度、以下のセミナーの申込ページから登録して説明会に参加してみるといいですよ。

最近女性をターゲットにしているらしく、セミナーの案内がやや女性向けですが、男性でも全然ウェルカムとのことでしたので臆せず行って大丈夫です。

ではまた。

JPリターンズ

<追記 2019.12.30>
2019年に購入した物から本当によかった物を10個選んで紹介する記事を書きました!是非読んでみてください。